「脂肪と糖の研究室」は、働く男女1,000名に対し「働く人のランチ習慣実態調査」を実施。

厚生労働省による新たな「日本人の食事摂取基準(2015年版)」でも生活習慣病リスクが注視されているなか、その大きな要因のひとつとされている「脂質」「糖質」への依存の傾向がランチにも顕著に現れ、より一層のケアが必要となっている現代人の食習慣が浮き彫りになりました。

YAECA - garyo0987様専用 SOUMO ビッグタックチノ ベージュ

GoPro - ODY様 専用
・半数以上が丼やラーメン、パン等「糖質たっぷり」単品メニューを食べる。定食派でも、半数が揚げ物や焼肉等脂質傾向食を選択。
・「ご飯おかわり/大盛り無料」「炭水化物×炭水化物」派の男性4割超、女性も2~3割に。
・「炭水化物依存」自覚者は65.2%、「脂質依存」は49.8%に。さらに「炭水化物(糖質)依存」自覚者のうち、「脂質も依存」は63%。「脂肪と糖に依存」が浮き彫りに。

■知ったつもり!?「炭水化物には糖質が多く含まれている」ことの理解が浅い
・炭水化物に糖質が多く含まれていることを知っている46.9%。
Snow Peak - BFランタン snowpeak スノーピーク アウトドア キャンプ

■「ランチ値上がり」6割実感。「美味しさ<低価格」を求め、早い・旨い・安いの「単品」傾向へ!?
・ランチに求めるのは、1位「価格の安さ」(71.3%)、2位「おいしさ」(54.7%)、3位「栄養バランス」(36.6%)、4位「早さ、効率」(35.2%)。
・最近の食品値上がりで、「ランチ値上がり」を実感している人6割。対策は「外食を減らす」「弁当へ切り替え」の他、「お腹にたまるものを」「価格重視」「品数を減らす」「何も変えていない」。「早い、旨い、安い」のランチ代表メニューであるラーメン、丼といった「単品」傾向へますます拍車がかかる可能性が大きい。

【調査結果】

ラーメン、丼、パスタ等の「単品」をよく食べる人は4割。おにぎり・パンを含めると7割に。
働く人のランチは、炭水化物と脂肪だらけ。半数近くが野菜をほとんど摂取していない。


ランチで食べることの多いメニューでは、糖質や脂質をたっぷり含むことの多いラーメンや丼、パスタといった「単品」を頼む人が、「定食(単品ものを主軸とした定食を含まない)」を頼む人の3倍近くになり、さらに炭水化物の代表である「おにぎり」「パン」派を加えると7割にものぼりました。「定食」のなかでも、揚げ物やハンバーグや肉等「脂質」メニューを選ぶ人は半数に及ぶとともに、野菜を食べない人が4割近く存在するという、まさに「脂肪と糖」にまみれているランチの実態が浮き彫りになりました。

「おかわり/大盛無料」「炭水化物×炭水化物」をしてしまう男性は4割超。女子も2~3割に。
全体的に15分以内で食べる人が多く、「早ドカ食い」傾向に。


「おかわり/大盛無料」や「主食×主食」の組み合わせを食べる人は、男性では4割を超え、女性でも2~3割にのぼりました。その食べ合わせは、男性はご飯やラーメン、うどんといった麺類との組み合わせが多いのに対し、女性はパンやおにぎりといった手軽なものが多いようです。また、実際にランチを食べている時間は15分以内が多く、全体的に「早ドカ食い」の傾向が見られます。さらに「炭水化物」摂取量が多い人の方が「5分以内」と回答する人が多かったのも特徴です。

「炭水化物依存」自覚は6割超。「脂質依存」自覚も半数。
「食べないと気持ち悪くなる」「他に食べるものがない」等、「脂肪と糖」への依存は深刻化


自身のランチ習慣を振り返って、「炭水化物」と「脂」に依存しているかどうかの問いに対して、炭水化物は全体の6割超が依存傾向を自覚しており、脂も約5割を占めています。さらに「炭水化物依存」自覚者のうち「脂質依存」自覚者は6割にも及んでいます。その理由は、「お腹にたまるから」「炭水化物以外は食べた気がしない」「他に食べるものがない」等、摂取する習慣から抜け出せない様子が伺えるとともに、「抜くとイライラする」「食べないと気持ち悪くなる」と生活への影響が見受けられる人もいます。「脂肪」では、「揚げ物がないと満足できない」「脂身を食べないと食事をした気がしない」等、「脂肪と糖」への依存傾向は深刻化しているようです。

「炭水化物に糖質がたっぷり含まれている」を知らない人が半数以上!
「知っている」と回答している人も、理解は浅い傾向が見られる。


「炭水化物には糖質が多く含まれること」を知っているか、という問いに対しては、「知らない」が53.1%と「知っている」を上回りました。しかしながら、同じメニューで「炭水化物が多く含まれている」「糖質が多く含まれている」を選択してもらったところ(複数回答)、同じメニューを選択するはずのところ、同じメニューをチェックした人は少なく、きちんと理解されていない実態が浮き彫りになりました。その傾向は、おにぎりやそば・うどんといった和食メニューの方がラーメン、パスタよりもその傾向が大きく、「和食は安心」と認識されているようです。誤った知識での誤ったダイエットは、続けても成果が出ないだけではなく、体調への影響も懸念されます。

Bottega Veneta - ボッテガヴェネタ BOTTEGA VENETA イントレチャート 編み込みレザー
増税、食品値上げがランチを直撃!「値上がり実感」は6割に。「単品」傾向に拍車がかかる!?


ランチに求めるのは「美味しさ」(54.7%)よりも「価格の安さ」(71.3%)で、さらには「早さ、効率」(35.2%)が4位となり、美味しさや栄養バランスといった「食」の根本が二の次になってしまっている実態が浮き彫りになりました。また、昨年から続く値上げによる「ランチ」への影響は、約6割の人が値上がりを実感しており、「食べたいものより安さ重視」が約3割、「品数を減らす」「お腹にたまるものを選ぶ」がそれぞれ1割います。これは、お腹にたまりやすく、「早い・旨い・安い」三拍子揃ったラーメンや丼といった「単品」傾向が想定され、「脂肪と糖」傾向にますます拍車がかかっていきそうです。

年末年始に「太った」のは21.6%、「痩せた」4.2%。平均は「2.2kg増」「2.9kg減」
健康意識が低い男性の方がリスク高い!?増減幅が大きい傾向。「2.5kg増」「3.3kg減」


鬼滅の刃 フィギュア


【調査概要】
SAVAS - ザバス ホエイプロテイン100 1050g × 3パック
調査地域:全国
調査対象:20~50代の働く男女 
回答人数:1,000名 (男女各500名)
本物 ブランド 膝丈 ミディ パーティードレス キャバドレス ロングドレス

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
KOLTPRODUCTION.COM RSS